実はその方が、余分な修繕費用がかからずに済みます。

家の外壁塗り替えは、早い段階で最低でも複数の業者から見積りを取り、費用相場を知っておくなど、少しの手間を惜しまないことが大切です。

失敗する場合の最も多いパターンは、1社だけの塗装業者の見積りで、相場を知らずに業者の言い値で外壁塗装をすることです。

相場がどの程度なのかもわからないまま、損をしていることすら知らない人も多いです。

外壁塗装を施工することに、デメリットと呼べることは見当たりません。

あえて挙げるとすれば、外壁塗装自体は「永久的」なものではなく、数年~10数年の間隔で定期的な塗り替えが必要になるということがデメリットでしょうか…しかし外壁を守るためには、塗装が最も現実的には有効な方法であるため、建築物を維持するために、必要なことであるといえるでしょう。

直射日光による外壁表面や屋根表面の温度が上がるのを抑制する効果で夏の冷房効果の効率を上げ、断熱効果の高いものと一緒に使うので冬場の室温も安定させます。

光触媒や、セラミック樹脂(非常に微細な樹脂繊維)系と塗料は、外壁に付いた汚れを雨などの自然な流水で、勝手に流れ落ちてくれるというセルフクリーニング効果のある塗料も出現してきました。

現在使っている塗料の性能を超える前に、外壁の保護と同時に内部にダメージを与えないようにし、建物の寿命が延びるという根本的なことにもつながります。

外壁自体のクラック、壁自体の劣化が見えたり、チョーキング(触ると手に白い粉が付く現象)が起こっていたり…そんなダメージのある状態で長く放置してしまうと、外壁に水分が染み込むことでその浸透してきた水分がそのまま雨漏りになったり、また外壁や外壁内部の鉄筋に腐食が起きたりします。

外壁塗装の下準備の段階で、ヘアークラックや塗装の剥がれ等を程度に合わせ、塗装する前に下準備を実施します。

劣化の程度が進行し過ぎてしまってから、塗り替えを行った場合は、外壁よりも内部が腐食していることもあり、塗装というよりも「やり替え」になることがあります。

外壁よりも内部が劣化してしまう前に、少し早めの塗替えを検討すべきです。

塗料の力で防水性を高め、外壁を損傷から保護し、雨の侵入などを妨げます。

結露を防止するには、水分は遮断して湿気だけ通すという透湿性がポイントとなります。

一般に断熱効果とは、夏は冷房効果を、冬は蓄熱効果を高める働きです。

遮熱効果の高いものと併用すると相乗効果があります。

家の外壁で最も多い失敗は、使用している塗料の寿命を超えてしまうことで起きる、壁の塗替えをしなかったことが原因で、内部の壁まで腐食してしまう現象が起きます。

壁自体を補修したりやり替える必要があります。